So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

白河の関にて旅心定りぬ

 江戸時代の旅は苦しいものだったそうです。無事、定年を迎えた私は、会社からいただいたリフレッシュ休暇を利用し芭蕉の歩いた奥の細道をたどってみました。
 なるべく歩きたかったのですが、与えられた期間内では、そうゆっくりしているわけにもいかず、ほぼローカル線とバスとタクシーを利用する旅となりました。
 芭蕉と違うのは相棒が曾良ではなく、ポケモンGoが入ったスマホだということ。
 この旅がどのようなものであったか。ちょっぴり芭蕉も偲(しの)びながら「おくのぽけ道」を振り返ってみたいと思います。


白河の関


 芭蕉は「白河の関にかかりて、旅心定りぬ」と書いています。
 白河の関、実際に行こうとすると、白河駅から十数キロ、バスの便も悪く、タクシーを使うと4千円ほどかかります。
 それでも、「おくのポケ道」の旅なんだということを実感するためには、是非訪れてみたかった場所です。
 ここで、芭蕉と曾良の像を写したARフォトに登場したのはヤドン。


旅立ちの 白河ヤドン 桜色


IMG_2018-04-12-16424779.jpg


御粗末様でした。

タグ:白河の関
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。